Life

風邪をひいてしまったら、早くスッキリと治す4つの方法

季節変わり目や環境の変化で、風邪をひくことはよくあると思いますが、風邪をひくことは、体をリセットするという意味もあります。

上手にひいて、上手に治し、上手にリセットできれば、新しい季節や新しい環境にうまく順応して、ほかの病気の改善にもつながるとも言われています。

今回は、「風邪をひいてしまった時に早くスッキリと治す方法」を4つご紹介します。

 風邪はひきはじめが肝心!

ひちゃったかなと思ったら、
すぐに試してみることをおすすめします。

体を温める

体温が1度上がると免疫が5、6倍高まると言われています。
逆に、体温が1度下がると免疫が3割くらい下がるとも言われているので、とにかく部屋を暖かくしたり、暖かいものを着込んで体を温めましょう。

くず湯や生姜湯、ホットレモンなど、風邪に効きそうなホットドリンクを飲んで体の内側から温めるのもおすすめです。

たくさん水分をとったら、積極的に汗や尿を出しデトックスをして、早く毒だしすることをおすすめします。

熱が出ていたら、体が早く直そうとして免疫が働いているので、よっぽどの熱じゃない限り、熱も出し切るのがポイントです。

速攻で治したい!明日までに治したい!
という場合には、首の周りをカイロで温めるという方法も紹介されていました。風邪の時は鼻や喉、胸が苦しくなったり、背中がゾクゾクしたり、だいたいこの辺りにウイルスがたくさんいます。胸元、背中、首元(喉)をカイロで温めるとウイルスを退治して、免疫を高めてくれます。

ただひたすら寝る

体を休めるように、8時間はぐっすり寝るのを心がけてください。

爆睡すれば免疫は5倍も上がります。

食欲がなければ無理して食べない

風邪をひいたら食欲がなくなったりすると思いますが、それは「免疫細胞が風邪を退治することに集中したい」という体の正しい反応ですので、なるべく少食にしたり、断食をするようにする。

食べ物を消化するということに、体は物凄いエネルギーを使うので、食欲がないのであれば、今は風邪を治すことにエネルギーを使いましょう。食欲がなければ無理なく断食することができます。

もし食べるなら、ローフード・生の酵素・果物・発酵食品などがおすすめです。柔らかめのおかゆに梅干しを入れたりして、少しの量を食べるのもいいと思います。

ただ、水分まで断ってしまうのは体に良くないので、白湯やミネラルウォーター、スポーツ飲料を積極的にとりましょう。こまめに水分補給をして、汗や尿を出し、とにかく入れることより体から出すことを優先して下さい。

カラダを休めて心をリラックスさせてあげる

「病は気から」と言われるように、心がくつろがないとカラダもこわばって、それが風邪を長引かせる原因になったり、風邪をひく原因にもなってきます。

日頃から、「心のリラックス」も心がけるようにしてください。

まとめ

今回は、「風邪をひいたら早くスッキリと治す4つの方法」をご紹介しました。

もし風邪をひいたら、一刻も早く試してみてください!

最後までお読みくださってありがとうございました。