Thailand

一見の価値あり!純白に輝く美しい寺院『ワット・ロンクン』

タイの北部、チェンライの中心部から南へ約13kmのところにある、見るものを圧巻させる白い寺院『ワット・ロンクン』をご紹介します。

記事内には、一部過激な画像がありますのでご注意ください。

ワット・ロンクン

別名
ホワイトテンプル (White Temple)
とも呼ばれ、その名の通り純白に輝く美しい寺院です。

1997年に、タイの美術家チャルムチャイ・コーシピパット氏によって地獄をコンセプトにデザインされたと言われています。今もまだ建設が続けられています。

タイの寺院といえば、黄金で煌びやかなイメージがあると思いますが、こちらの「ワットロンクン」はタイの中でも

真ん中の橋は天国へと続く “輪廻転生の橋”が示され、橋を囲むように地獄がイメージされた “血の池” があります。

橋の下に目を向けると、無数の手が地面から伸びています。これは人間の抑制のない欲望を表しているそうです。

ひとつひとつがとてもリアルに出来ていて、非常に不気味で衝撃的な光景です。これがまさに “生き地獄”

背筋が凍り、体温が一気に下がりました。ここ「ワットロンクン」1番の見どころです。

行き方・帰り方

チェンライから行く場合

❶ チェンライ、バスターミナルからトゥクトゥクで往復300B(交渉必要)

❷ チェンライのバスターミナルからバスで片道20B。

バスのフロント部に「White Temple」と書かれているのでわかりやすいです。運賃は、発車したら収集に回ってくるのでその時払います。

帰り

ホワイトテンプル付近の駐車場から、市内までソンテウ(乗り合いバス)50B〜100B(交渉必要)

基本情報

住所 Pa O Don Chai Subdistrict, Chiang Rai 57000, Thailand
電話番号 +66 53 673 579
営業時間 8:00~17:00(土日は〜17:30)
公式サイト https://www.facebook.com/วัดร่องขุ่น-Wat-Rong-Khun-White-Temple-Chiang-Rai-Thailand-215028701875011/
入場料 100B

まとめ

タイの異彩を放つ純白の寺院「ワット・ロンクン」

バンコクから約830kmとかなり離れていますが、タイ北部エリアに行くのであれば、絶対に必訪すべきスポットです。