Web

サーバーの基礎知識|仕組みや種類について

サーバーとは、
WEBサービスを作るための “土台” であり

WEBサービスを作る上でなくては
“ならない存在” です。

ここでは、サーバーの基礎知識をわかりやすく解説していきます。

サーバーとは何か?

「サーバー(Server)」とは
“サービスを提供するコンピューター” のことを言います。

このサーバーと言われるコンピューターは、24時間、365日、電源がONになっていて、常にネットワークに繋がっていて、いつでも接続ができる状態になっています。

世界中のWEBサービスは、
それぞれ、専用のサーバーに設置されて稼働しています。

サーバーが常時稼働しているから、私たちはいつでもGoogleAmazonTwitterといった「WEBサービス」を使うことができます。

小規模なWEBサービスの場合は、サーバーはたった1台で動いていることが多いですが、大規模なWEBサービスともなると、何百万台ものサーバーで動いています。

例えば 、”Amazon” の場合はサーバーは約10万台、”Google” の場合は約300万台、アクセスが多い大規模なWEBサービスでは、それだけ多くのサーバーの台数が必要になるということです。

なぜサーバーが必要なのか?

サーバーは、WEBサービスを動かすためのエンジンのような役割をします。
なので、サーバーがないとWEBサービスを動かすことが出来ません。

サーバーの内部では、以下ように「サーバーソフトウエア」というものが動いています。

まず、サーバー全体の動きを管理する
「オペレーティングシステム(OS)」
というものがあり、その上で色々な役割を行うエンジンが動いています。


例えば、

  • WEBアプリケーションの動作を管理する「WEBサーバー」
  • 各種データーを保管して管理する「データーベースサーバー」
  • メールの送受信を管理する「メールサーバー」
  • 外部からのリモート接続を管理する「SSHサーバー」


これらのサーバーウェアのことを総称してミドルウェアと呼びます。


主要なものは、こういったところですが他にも様々な “サーバーソフトウエア” というものが動いています。


そして、プログラマーが作るWEBサービスのプログラムは、これらの “ミドルウェア” の上に設置して動く形になります。このサーバーが正しくセットアップされて、初めてWEBサービスというのは動くことが出来ます。

サーバーはどこにあるのか?

サーバーは一般的に「データセンター」という施設に設置されています。

サーバーには “重要なデーター” が保管されているため、
一般的に「データセンター」の場所というのは明確にされていませんが、
世界中の様々な場所にこの「データセンター」というものが存在していて、そこに設置されたサーバーの中で “各種WEBサービス” が動いています。

サーバーは常時稼働しているため、”電源の確保” や “発熱対策” というものが大切になります。停電や災害などでサーバーの稼働が停止してしまうとWEBサービスの稼働も停止してしまうため、自家発電装置や予備電源、冷却のための温度管理、高速インターネット回線などが完備されていて、災害リスクの少ない場所に設営されています。

サーバーを準備する方法

WEBサービスを作るためには、サーバーを準備する必要があります。

サーバーを準備する最も簡単な手段は「レンタルサーバー」を使うことです。

レンタルサーバーは、先ほどの “ミドルウエア” が予めセットアップされいて、WEBサービスのプラグラムを設置するだけですぐに動かすことが出来ます。
価格も安価なものでは数百円〜といったプランも多いので、多くのサイト運営者が使用しています。

また、最近ではAmazonの AWS をはじめとした「クラウドサーバー」といったものも一般化されてきています。

クラウドサーバーでは、従来のレンタルサーバーのように “決まったサーバー / ミドルウェアの構成” をレンタルするのではなく、必要に応じて “サーバー / ミドルウェアの構成” を変更したり、アクセスの多い時期だけサーバーの台数を増やすといったことが柔軟に行えます。

現在の有名なWEBサービスのほとんどで、この「クラウドサーバー」が使われています。

まとめ

WEBサイトを運営したり、インターネットを観覧したり、WEBサービスには欠かすことのできない「サーバー」について解説しました。

ちなみに、このブログではエックスサーバー を使っています。
WordPressを使うのであれば、簡単インストールの出来るエックスサーバーがおすすめです。